『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『掲示板つけました。』
掲示板つけました。
    ↓
しげくま掲示板
記事もぼちぼち書いていきます。
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

【2008/10/22 14:12】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(1) |
『ヘルパーさんになりたいと・・』
お久しぶりです。。

先日「ヘルパーさんになりたいんです。」どうしたらいいのでしょうか?

と、質問を受けてしまいました。。

あまり詳しくなく・・ここはどうかな?といってみました。
         
           ↓

      

現場と資格の取得が近いと言う点では評価できるのでは??
コムスンの件以来、介護の世界も変って来ていますね。

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

【2007/10/29 08:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『感覚の発達と社会性・情緒』
生まれたばかりの赤ちゃんは、1時間半から~2時間の間隔で寝たり起きたりの繰り返しです。
起きていて機嫌の良い時などは、じっと抱っこしている人の顔を見たり、あやしたりすると笑ったりします。
また、眠っている時もニコニコしていたり時々しかめっ面をしています。
この頃はまだ目はあまり見えていないのですが、おっぱいの臭いや触られた触覚や抱かれた固有感覚(筋肉や関節骨などの動き)また、抱っこして揺らされた前庭感覚などは胎児の時代からすでに発達していて、様々な情報を赤ちゃんは取り入れています。
 赤ちゃんの生理的な微笑みというのも、その自己受容感覚(先の前庭・固有・触)が赤ちゃんに楽しい心地よい情報と受け取られて外部に笑いという表現で出ているようです。
 2ヶ月もたつと赤ちゃんはだいぶ外界のものをじっと目で注視しています。人の動きや気配、ゆっくりとした動きのものなどはよく見ています。
 大人が声かけをしたり抱っこしたりすると声を上げたり、舌出しの動きも見られます。
 快不快もはっきりし始め、泣き方笑い方も様々なバリエーションが出てきます。
 3~4ヶ月には首もすわってきて、音に対しても敏感になり、目もだいぶ早い動きについていきます。
4ヶ月の頃には、手の動作なども少しずつ上手になります。
 ここで、感覚がうまく運動によって調整され、一通りの外界受容がされてきます。赤ちゃんは運動系のよりも感覚系が先行発達していくようです。
 動きが自由でないために、泣いたり笑ったりの表情が先に豊かになります。大人はそれを察することで、大人が赤ちゃんの手足となり動くわけです。ワロンの情動段階にあたる時期で、姿勢・情動の世界で、自己塑型活動を通し生活をしているのです。
 やがて、ピアジェの言う第二次循環反応期、ワロンの言う感覚運動期という、各発達領域の統合する4ヶ月マジックがやってきます。

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

【2006/12/12 14:17】 0歳児の発達 | トラックバック(0) | コメント(1) |
『テンプレート替えました~』
テンプレート替えました~

小鳥さん。かわいかったのですが・・

ちょっと見難かったので・・・


さて!突然ですが~皆さんはどんな保険に入っていますか?

しげくま家は、けがや病気が多いのです。。医療費も馬鹿にならず・・

通院保障できるもの・・できれば入院も初日からと・・悩んでおります~

で・・・入院ならここがよさそう?・・
            
     
  

と研究してみます。。共済は全般的によさそうです~

テーマ:保険について - ジャンル:ライフ

【2006/11/06 09:09】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
『発達的な視点について~発達の主体性について~』
 僕たち臨床発達心理士は、実践的な臨床家であり、発達の視点で心理を扱う者ということなのですが、あらためて発達とは何か?考えてみたいと思います。
 まず、発達は、子ども一人ひとりの状況があり、主体的なものである。といえます。
 主体的というのは、その子にしかない、かけがえの無いものであり、その子が自ら主人公になって外界に働きかけ、自分の持っているものを試し、時に拒否しながらも取り込み、自分を大きくしていく過程であるといえます。
 ややもすると、保護者・教員・指導員と名のつくものは、教え込んでその子を伸ばそうと思いますが、実は主体はその子自身にあります。
 僕たち援助者は、その子が本来持っている潜在的な可能性に着目し、
いかにその子が最大限の力を発揮できるか、発揮していくようになるのかということを考えなくてはなりません。
 


テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

【2006/10/23 09:11】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『親として・・~リハビリするの??~』
いつものように大きな音でテレビをみていた、こぐま妹・・・
「お父さん、わたしも、入院したらリハビリするの?」
突然の質問に少し慌てる・・

滲出性中耳炎で苦しんできたこぐま妹・・すでに両耳とも、2回のチューブ挿入でどうにか聴力を保ってきた・・
お正月にアデノイドの手術もする予定だが、約10日の入院らしい(ついでに3回目のチューブになる予定・・)

学校でも前のほうに座らせてもらい、3年間頑張ってきた。でも少しづつ聴力は落ちている。今は、左30と右40デシベルというところ。

コトバの訓練のことを彼女はリハビリと言ったらしい・・
「大丈夫だよ・・特にリハビリなし・・」
以前チューブを入れた直後・・よく聞こえすぎて、「頭痛い、ギンギンする!」と言ったことがあった。

「今は、少し聞こえない?」
「うん少しね・・」
彼女なりに自分の状況を理解している。


テーマ:リハビリ - ジャンル:福祉・ボランティア

【2006/09/05 00:30】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
『感覚の発達と微細運動・認知~じっと物を見ているのは??~』
目が覚めている赤ちゃんは・・時々何かをじっと見つめています。。
天井を見ている・・光っている電気?
お母さん、お父さんの顔?目??
何かをじっと見ています・・口をもぐもぐして、首も動かしています。

まだ完全に視力は見えないといわれていますが、動くものや光るものに意識を向けだします。

口に物を持っていきたくて、手を動かしたり、自分の手も口に入れて舐めたりします。

生後2ヶ月もすると・・おもちゃが手に触りとっさにその物をじっと見つめます。

物が無い時は、自分の手をじっと眺めては手を動かしたりと注視する姿が見られます。
ハンドリガードと言って自分の手が体の一部と認識する活動です。

3~4ヶ月ぐらいになると、意識的に手で物をつかみにいったり(リーチング)、ゆっくり動くものを追視したりします。やがて、外界の世界へ爆発的に目覚めてきます。いわゆる・・4ヶ月マジックがやってきます。。

テーマ:◆◆0歳育児◆◆ - ジャンル:育児

【2006/09/03 00:29】 0歳児の発達 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『感覚の発達と粗大運動・・少し首を上げたら?』
生まれたばかりの赤ちゃんは、寝る→おしっこする→起きる→ミルクを飲む→寝る・・を規則正しく繰り返します。。

1時間半から2時間の繰り返しで、寝てばっかりというイメージがあります。

あまり目が見えなかったり、音も完全には聞き取りにくいようですが、触ったり触れたりして物を確かめたり(触覚)、身体を動かして自分の位置を確かめたり(前庭覚)、手や足に力を入れてつっぱったり(固有感)等をすでに胎児の時代から発達させています。

生後1~2ヶ月から起きている時間が長くなると、・・
じっと物を見たり、自分の手をじっと見たり(ハンドリガード)、音のするほうをじっと見つめていることがあります。。

身体をうつぶせにすると・・数秒、首を上げています。

重力に対する抵抗・・このことで飛躍的に感覚や運動の発達が見られます。物に対する興味が出てきて・・それがまた運動の発達に繋がります。

3ヶ月ぐらいになると・・腹ばいにすると自分で頭を上げたり下げたりの調整も上手になります。。

やがて首がすわるという段階に到達します・・


テーマ:◆◆0歳育児◆◆ - ジャンル:育児

【2006/08/28 10:45】 0歳児の発達 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『スクーリングの楽しみ?』
現在しげくま・・スクーリング中~

職場に迷惑をかけつつ・・?

一週間ほど講義攻めです!

そんな状態での唯一の楽しみは・・やはり、食べ物のことでしょう(爆)・・

お昼は何にしようか?とか、スクーリングで仲間ができたら夜に何処に行こうか?などです。

今日の夕方、都庁が近くにあったので展望台へ・・

ナント展望室はカップルばかりで・・夕日を眺めつつラウンジに向かう姿あり!・・

ちょっと、しげくまには縁遠いのですが、夜景の見えるところでしっぽり食べるのも良いな~と妄想にふけってしまいました。。

ということでなにげに見つけた夜景グルメ情報!

ちょっと下に紹介しておきます~。。
      ↓


気に入ったら予約してみるのも良いかもね!

【2006/08/17 23:34】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
『クレヨン』
絵をクレヨンで描く・・

4歳児になると顔や身体もだいぶしっかりと描け、

太陽や地面などの天地もできてくる。。

絵を描くことでだいたいお子さんの発達状況が見えてくる。

障害をお持ちのお子さんは、なぐりがきのままだったり

イメージ通りの絵が描けなかったり、見本と違う絵を描いていたり

と・・特徴が見られる。


楽しみながら絵を描き、子どもたちのイメージの世界を膨らませてあげたいですね・・

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

【2006/08/12 01:33】 4歳児の発達 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ

ブログ内検索

RSSフィード

スパムチェッカー

plugin by F.B

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。